FC2ブログ

2017年2月のひとりごと

 親子の間では、感謝の気持ちがあっても、それを常に言葉にして伝えていくことは、なかなか難しいことかもしれません。
 しかし、言葉にしなくても、わかってくれているはずだと決めつけないで、時には、言葉にして伝えることも大切なことではないかなと、思います。

 卒業式の6年生の呼びかけの言葉を作るにあたって、昨年までのコピーを子どもたちに渡して、それを手直しして作らせるのではなく、自分たちで原案を作らせてみました。

 また、卒業文集の制作も始まりましたが、子どもたちの作文だけでなく、保護者の方々にも、原稿を書いて頂きました。

 呼びかけの言葉のことも、卒業文集のことも、そういうやり方をすることが本当にいいかどうか、自分の中では迷いがありました。
 しかし、子どもたちの書いた呼びかけの言葉の原案を読み、保護者の方々に書いて頂いた卒業文集の原稿を読んでいると、子どもの思いと親の思いが伝わってきて、卒業という節目の場面では、こういうことも大切なことではないかなと、思いました。

 子どもたちは、呼びかけの言葉を一生懸命考えたと思います。よくがんばりました。
 また、忙しい中、原稿を書いてくださった保護者のみなさんには、感謝申し上げます。ありがとうございました。


IMG_3319_convert_20180813211546 (1)

2017年1月のひとりごと②

 週に1回、本校に来ている図書館の司書さんがいます。
 その司書さんが、今月いっぱいで仕事を辞めて、違うところで働くことになったそうです。
 話を聞いてみると、本校に来て、子どもたちと触れ合っているうちに、学校の先生になりたくなって、3年ほど前から、司書さんをやりながら、通信制の大学で勉強を始めたそうです。
 そして、昨年の秋に、ついに教員免許を取り、2月から、道内のある小学校で働くことになったそうです。そのため、今月いっぱいで、今の仕事を辞めることになったということでした。
 なかなか、すごい決断だなと、思います。

 子どもたちは、いろいろな人たちの影響を受けながら成長しています。
 今回は、その逆で、子どもたちが大人に影響を与えた話だと思います。
 つまり、大人も子どもも関係なく、人間はお互いに影響を与えたり、受けたりしながら成長していくものだなぁと、思います。

 その司書さんが、本校に来る最後の日の休み時間に、子どもたちが図書室に顔を出したり、話をしたり、手紙を渡したりしていました。その様子を見ていると、司書さんが大きな決断をした気持ち、なるほどなぁと、思いました。
 本当にいい子たちだなぁと、思います。


IMG_3192_convert_20180803172821 (1)

2017年1月のひとりごと

 年末にテレビを見ていると、キャラメルのコマーシャルが流れていました。
 そのコマーシャルの中で、
 「子どもは、1日平均400回笑う。」
 「大人になると、15回に減る。」
というテロップも流れていました。
 そんなに違うのか、でも、確かに、学校での子どもたちの様子を思い浮かべてみると、朝、会ったときから、帰るときまで、よく笑っているなぁと、思います。
 休み時間や給食時間は、もちろん笑っていますし、授業時間も、笑顔になることがよくあります。

 また、そのコマーシャルでは、
 「幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せになれる。」
というテロップも流れていました。
 野球の練習などで、よく「声を出せ。」と言われますが、これも、「元気だから声を出すのではなく、声を出すから元気になる。」そうです。
 つまり、意識的に、行動を少し変えてみることで、違った結果になってくるということかなと、思います。
 大人になると、いろいろあって、なかなか、子どものように400回も笑うことは難しい感じがしますが、笑顔を意識することも大事なことだなぁと、コマーシャルを見ていて、改めて思いました。


IMG_3181_convert_20180726185743 (1)


2016年12月のひとりごと②

 2学期の学習がほぼ終わり、「お楽しみ会」をしました。
 「お楽しみ会」の前日の放課後に、グラウンドのほうを見ると、5・6年生が何人かいて、雪のグラウンドに印をつけていました。
 「お楽しみ会」の中の「雪合戦」担当の子どもたちが、次の日の準備をしていたのでした。

 「おやつ作り」担当の子どもたちは、アイパッドを使って調べて、「ポンデリングを作る。」と言ってきました。「作ることができるのかなぁ。」と不安でしたが、数日後、「自分の家でやってみたら、作ることができた。」と言ってきました。

 「奥さんお絵描きですよ」担当の子どもたちは、事前に問題を考えて、紙に書いて、くじ引きができるようにしていました。

 「紙飛行機大会」担当の子どもたちは、「前日までに、紙飛行機を作っておいてください。」と呼びかけていたので、それまでに、みんな、紙飛行機作りを楽しむことができました。

 「いす取りゲーム」担当の子どもたちは、それに使うCDを家から持ってきて、みんなに、音楽を楽しんでもらうこともしていました。

 「体育館での遊び」担当の子どもたちは、事前に組み分けをしておいたり、ゲームの仕方を画用紙にまとめておいたりしていました。

 「難問クイズ」担当の子どもたちは、3人の個性が、それぞれ表れた問題を紙に書いて、用意していました。

 「お楽しみ会」をより盛り上げるために、「お笑い」の練習を始めた子どもたちもいました。

 2学期は、行事のたびに、成長を感じる出来事がたくさんありましたが、「お楽しみ会」でも、子どもたちの力を感じることができました。


IMG_2905_convert_20180712062747 (1)

 

2016年12月のひとりごと

 最近、掃除の時間や補欠で授業に入ったときに、4月の頃と比べて、1・2年生が、ずいぶん大人になったなと、感じることがあります。
 家庭の影響、低学年の担任の先生の影響、3・4年生の影響、近所の人の影響など、いろいろな人たちの影響を受けながら、どんどん成長してきたのでしょう。

 低学年の先生たちが、その1つに、「5・6年生の関わりが、いい影響を与えてくれている」ということを言ってくれることがあります。

 1学期の始業式の日に、5・6年生の子どもたちに、「低学年のよきお手本になってほしい」という話をしましたが、しっかり実践していることをとてもうれしく思います。

 また、「5・6年生が、学芸会のときに歌った歌を、1年生も歌いたいと言っているので、CDを貸してほしい」と1年生の先生が、言ってくれました。(手拍子も、5・6年生のようにやってみたいそうです。)

 低学年から見て、「あんなふうになりたくない」と思われる存在ではなくて、「あんなふうになりたい」と思われている存在であることも、うれしいことだなと、思いました。


IMG_2945_convert_20180701071430 (1)
プロフィール

かがやき

Author:かがやき
 北海道の小学校教諭です。また、日本メンタルヘルス協会で心理学を学び、基礎心理カウンセラーの資格を頂きました。特別な出来事ではない、日常の学校生活の出来事や感じたことなどをお伝えしていきます。その中で、子育ての参考になることが少しでもあれば幸いです。

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター