2010年5月のひとりごと

  4月・5月と6年1組の教室の掃除に来てくれているたて割り班があります。
 そのたて割り班の1年生の子が、はじめは掃除に来ることができませんでした。そのうち掃除に来ることができるようにはなりましたが、仕事をするところまでにはなりませんでした。
 それが、今では掃除に来ることが楽しみなようで、仕事も少しずつできるようになってきました。
 そうなるまでの、その班のリーダーのがんばりが見事でした。
 
 「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」

 という山本五十六氏の言葉があります。
 小学6年生の子が、まさに、それを実践しているなと大変感心させられました。

IMG_3746_convert_20160212173956.jpg

2010年4月のひとりごと

  4月5日に入学式準備のため、新6年生が登校しました。
 1年生の教室、玄関、廊下、体育館などにわかれて、作業に入りました。
 とても一生懸命作業をしたので、例年よりも30分以上早く作業が終わりました。
 だれかのために一生懸命何かをしていると、結局それは自分の幸せにつながっていくというような意味の言葉を目にしたことがあります。
 だれかのために一生懸命働くことのできる子どもたちでよかったなと思います。

IMG_3354_convert_20160203221212.jpg

2010年3月のひとりごと

  職員室で、子どもたちの話をすることがあります。
 話していると、やっぱり他の先生も、あの子の表情が気になっていたのか、と思うことがあります。
 また、自分は気づいていなかったあの子の良さを教えてもらえることもあります。
 あの子は、最近、こんなところが伸びてきたね、あの子は、最近、明るくなったね、あの子は、最近、落ち着いてきたね、あの子は、最近、ちょっと元気がないよね、あの子のあいさつの声には、張りがあるよね、などいろいろな話をします。
 一人で見るより、何人かの目で見たほうが、より児童理解が深まり、その子にあった声かけや指導法を考えることができるものだな、それには、話をすることが大切だなと実感した一年でありました。

IMG_3168.jpg
         
プロフィール

かがやき

Author:かがやき
 北海道の小学校教諭です。また、日本メンタルヘルス協会で心理学を学び、基礎心理カウンセラーの資格を頂きました。特別な出来事ではない、日常の学校生活の出来事や感じたことなどをお伝えしていきます。その中で、子育ての参考になることが少しでもあれば幸いです。

カテゴリ

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

FC2カウンター