2015年5月のひとりごと

 「1年生を迎える会」での6年生の出し物は「先生クイズ」でした。
 ヒントを3つ出して、どの先生のことなのかを当てるというものでした。
 私の第1ヒントは「本が好きな先生です。」というものでした。(数年前に同じようなクイズがあったときには、「野球が得意な先生です。」というヒントだったような気がします。)
 私はそれほど読書家ではなく、この学級(5年生)の本好きの子のほうが、年間の読書量は、はるかに私より多いと思うので、そのヒントを聞いた時は、意外だなと思いました。また、ちょっと、うれしくも感じました。
 そんな私が、昨年読んだ本の中で、特に心に残った本が「置かれた場所で咲きなさい」という本でした。
 境遇を選ぶことはできないが、生き方を選ぶことはできる、といった内容の本でした。

 高学年という多感なこの時期、子どもたちはいろいろな経験を通しながら、自分なりの生き方を身につけていくだろうなと思います。
 その時、自分の近くにいる親や先生や友達の影響って、少なくないだろうなと思います。

IMG_2388.jpg

2015年4月のひとりごと

また、
春が来たことに、
感謝しています。

おいしいことに、
感謝しています。

笑いあえることに、
感謝しています。

歌を歌えることに、
感謝しています。

キャッチボールができることに、
感謝しています。

また、
出会えたことに、
感謝しています。

IMG_0292_convert_20171102222027.jpg

中間のひとりごと②

 「はじめに」のところにも書いたのですが、「はじめに」にまで、さかのぼって読むかたは、あまりいないと思うので、ここで、もう1度、このブログについて書きたいと思います。
 「ひとりごと」は、もともとは、ブログ用に書いていたわけではなく、月1回、書いたものを紙に印刷し、学校の廊下にある掲示板に貼っていたものです。更に、それをコピーして、学級通信にも載せて、学級の子どもたちや保護者の方々にも、読んでもらっていました。
 それを2年ほど前から、ブログにも載せて、学級の子どもたちや保護者の方々以外のかたにも読んで頂くようにしたものです。

 明日、更新しようと思っている「2015年4月のひとりごと」に、「また、出会えたことに感謝しています。」という言葉が出てきます。
 それは、3年生のときに受け持っていた子どもたちが5年生になり、再びその子どもたちの担任になったということを意味しているのですが、学級の子どもたちや保護者の方々ではなく、ブログを読んでくださっている方々には、意味が伝わりづらいなと思ったこともあって、改めて、このブログのことを説明させて頂きました。
         
プロフィール

かがやき

Author:かがやき
 北海道の小学校教諭です。また、日本メンタルヘルス協会で心理学を学び、基礎心理カウンセラーの資格を頂きました。特別な出来事ではない、日常の学校生活の出来事や感じたことなどをお伝えしていきます。その中で、子育ての参考になることが少しでもあれば幸いです。

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター