FC2ブログ

2016年2月のひとりごと

  理科で「人のたんじょう」の学習をしました。
 その単元の学習が終わり、子どもたちに、学習して思ったことを書いてもらいました。
 お母さんのおなかの中に38週間もいたこと、しかも、水の中にいたということに驚きを感じていた子どもたちがいました。
 また、おなかの中で、お母さんとへその緒でつながっていたことに驚きを感じていた子もいました。
 5年生の理科では、メダカやカボチャなどの学習もしたので、そのことも関連付けて、魚や植物や人間のつながりについての感想を書いている子もいました。
 そして、自分の誕生と結び付けて、
 「こんなふうに自分も生まれてきたんだなと思った。」
 「人が生まれるのは、すごいと思った。」
という感想を書いている子どもたちもいました。
 また、1億から5億の精子の中で、1番最初に卵子にたどり着いた、いわば、1番生命力の強い精子が卵子と出会って、自分が生まれたんだという学習もしたので、
 「生命のたんじょうは、簡単ではないんだなぁと思った。」
 「自分が生まれてよかった。」
 「人が生まれるのは、きせきなんだと思った。」
という感想も見られました。
 せっかくの奇跡の生命、せっかくの奇跡の人生、大切にしてほしいなと思います。

IMG_3347_convert_20180222212152.jpg

2016年1月のひとりごと

 冬休みに、本校の卒業生である中学生が6人、「勉強を教えてください。」と小学校を訪ねてきました。
 数学の学習が中心だったのですが、教えていて、小学校3年生の頃は苦手だったことが、今はスムーズにできていることが多いなぁと思いました。
 中学生を小学3年生の頃と比べているので、同じままではないというのは、当たり前の話なのですが、ここで言いたいのは、そのときには、すぐにはできなくても、こつこつと努力を積み重ねているうちに、いつのまにかできるようになっていたということって、よくあることだなぁということです。

 また、数年前に、やはり、「勉強を教えてください。」と訪ねてきた教え子がいました。子といっても、社会人です。「仕事をしていて、どうしても、ここの計算の仕方がわからなくて困っているので、算数を教えてほしい。」とのことでした。
 基本に戻って、いっしょに、小学校の算数から復習していくなかで、仕事上の計算のやり方もわかったようでした。
 やる気さえあれば、何才からでも学び直せるものだなと思いました。

IMG_2986_convert_20180213214021.jpg

2015年12月のひとりごと

 保健の授業で「心」について学習しました。
 心は大脳の働きである、
 心は年令とともに発達する、
 心の発達のためには、いろいろな人と接することが大切である、
 悩みは一人で抱え込まないで、誰かに相談するとよい、
などのことが、教科書に載っています。
 また、教科書には、「人のいいところを見るようにしよう。」ということも載っています。

 本当に仲のよい5年生たちですが、この「人のいいところを見るようにする」ということができているところも、仲のよい原因の1つなのかなと思います。

 人には、考え方のくせみたいなものがあって、「人の欠点やいやなところに気がいってしまいがちになるくせ」と「人のいいところに目を向けようとするくせ」があるように思います。

 5年生の子どもたちの様子を改めて思い返してみると、人の欠点よりも、いいところに目を向けようとする子どもたちだなと思います。
 一人ひとりの心の持ち方が、全体の仲のよさにつながっていると思います。

IMG_2910_convert_20180203204727.jpg
         
プロフィール

かがやき

Author:かがやき
 北海道の小学校教諭です。また、日本メンタルヘルス協会で心理学を学び、基礎心理カウンセラーの資格を頂きました。特別な出来事ではない、日常の学校生活の出来事や感じたことなどをお伝えしていきます。その中で、子育ての参考になることが少しでもあれば幸いです。

カテゴリ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

FC2カウンター