FC2ブログ

2016年10月のひとりごと②

 学芸会の劇の練習が終わると、私のところに数人の子どもたちが集まってきて、このセリフは、こういうセリフに変えたほうがいいのではないかと、言ってきました。
 「なるほど」と思える理由だったので、忘れないように、台本に赤ペンで書きこんでおきました。

 次の日も、その次の日も、劇の練習のあとは、そうすることが、恒例のようになっていき、私の台本には、どんどん赤ペンの文字が書き込まれていきました。
 セリフだけでなく、スポットライトのタイミング、色などについても、いい意見が出されるようになっていきました。

 漢字の読み書きや、文法などの、部分的な国語力ではなく、総合的な国語力の高さみたいなものをそこから感じました。おかげで、台本がどんどん膨らんでいったように感じます。

 また、セリフの内容から、その小道具があったほうがいいと思われるものを、家から持ってきたり、作ってきたりする子どももでてきました。

 また、学校でも、小道具作りをしたのですが、ダンボールやビニールテープを渡しておくだけで、自分たちで考えて、楽しそうに作っていました。
 バック絵も、苦労しながら、自分たちで描いていました。

 みんなで、一生懸命作っていく楽しさを実感できた学芸会だったなと思います。

IMG_1401_convert_20180524221650.jpg

2016年10月のひとりごと

 私は、卒業アルバムなどに、「何かひと言、書いてください。」と頼まれたときに、
 「やる気のある者は、方法を考え、やる気のない者は、言い訳を考える。」
と書くことがあります。

 前回に続き、目の前の出来事を何とかしようとした話を書きます。

 お祭りのおみこしが始まる前に、だれが、トラックの荷台に乗って、太鼓を叩くかで、子どもたちの間で、少しもめていました。
 すぐに、出発の時間になったので、とりあえず、3人の子どもたちが、荷台の上に乗って、太鼓を叩いていました。

 午前の部が終わり、公民館でカレーライスを食べているときに、「みんなが気持ちよく、交代していけるように、何とかしなければ…」と、思った子が、動き始めました。
 お祭りに来ているので、ノートや鉛筆は持ってきていません。見ていると、まず、公民館の事務所へ行って、紙とペンを借りてきていました。
 そして、周りにいた子たちに相談しながら、太鼓を叩く3人組を8組ほど作り、紙にまとめていました。
 相談の席にいなかった子には、
 「これで、どうだろうか?」
 と紙を見せながら、声をかけ、
 更に、役員さんに、
 「このように、交代していきたいので、途中で、トラックを止めてほしい。」
というお願いもしていました。
 おかげで、午後の部では、みんな、気持ちよく太鼓を叩くことができていました。

 まさに、「やる気のある者は、方法を考える」だなと、思いました。

IMG_3094_convert_20180514222918.jpg

2016年9月のひとりごと

 小さなことですが、給食時の牛乳のストローの袋は、ストローを袋から出して、その袋を机の上に置き、食べ終わったあと、食器をかたづける時に、各自が、ごみ箱に捨てています。
 しかし、教室の掃除をしていると、床にストローの袋が落ちていることがあります。暑い日が続くこの時期は、教室の窓を開けているため、風が入ります。風に吹かれて、袋が飛んでいき、そのことに気づかないことがあるので、夏のほうが、冬よりも袋が落ちていることが多くなります。

 給食は、2つの班が、机を合わせて、グループで食べているのですが、最近、「いただきます。」をしたあとに、すぐに、グループの中の一人が、みんなの袋を集めだして、まとめて、ごみ箱に袋を捨てています。私の袋も捨ててくれます。
 そういうやり方をしたらどうだろうか、ということを私は一切言っていません。ストローの袋が床に落ちて困っているということも、言っていません。

 夏は床にストローの袋がよく落ちているという現状を見て、自分たちで対策を立てて実践しているところが素晴らしいと思いました。「小さなことですが、」と書き出しましたが、このことは、なかなか大きなことだな、とも感じています。

 「目の前の問題を工夫して解決しようとする」
 小学校生活は、人として生きていくための大切なことを学べる場所だな、と改めて思いました。

IMG_2859_convert_20180505075900.jpg
         
プロフィール

かがやき

Author:かがやき
 北海道の小学校教諭です。また、日本メンタルヘルス協会で心理学を学び、基礎心理カウンセラーの資格を頂きました。特別な出来事ではない、日常の学校生活の出来事や感じたことなどをお伝えしていきます。その中で、子育ての参考になることが少しでもあれば幸いです。

カテゴリ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター