2016年9月のひとりごと

 小さなことですが、給食時の牛乳のストローの袋は、ストローを袋から出して、その袋を机の上に置き、食べ終わったあと、食器をかたづける時に、各自が、ごみ箱に捨てています。
 しかし、教室の掃除をしていると、床にストローの袋が落ちていることがあります。暑い日が続くこの時期は、教室の窓を開けているため、風が入ります。風に吹かれて、袋が飛んでいき、そのことに気づかないことがあるので、夏のほうが、冬よりも袋が落ちていることが多くなります。

 給食は、2つの班が、机を合わせて、グループで食べているのですが、最近、「いただきます。」をしたあとに、すぐに、グループの中の一人が、みんなの袋を集めだして、まとめて、ごみ箱に袋を捨てています。私の袋も捨ててくれます。
 そういうやり方をしたらどうだろうか、ということを私は一切言っていません。ストローの袋が床に落ちて困っているということも、言っていません。

 夏は床にストローの袋がよく落ちているという現状を見て、自分たちで対策を立てて実践しているところが素晴らしいと思いました。「小さなことですが、」と書き出しましたが、このことは、なかなか大きなことだな、とも感じています。

 「目の前の問題を工夫して解決しようとする」
 小学校生活は、人として生きていくための大切なことを学べる場所だな、と改めて思いました。

IMG_2859_convert_20180505075900.jpg
117:
いつかご挨拶をと思っていました。
毎回とても良いお話を聞かせていただいております。

日常の小さなことを拾い集めて、子どもと向き合うことの大切さに繋げていらっしゃる先生、素晴らしい!!
118:Re: タイトルなし
 おはようございます。
 コメントありがとうございます。
 日常の小さなことを、そのように評価してくださり、うれしいです。
 今後ともよろしくお願いいたします。
119:
いつも訪問 ありがとうございます 
 くまの時代は まだ 牛乳瓶だったので
  それは 無かったですね
でも 最近 山を登って 落ちてるゴミが
 飴など 一つ一つ 包装してる お菓子の
  切り口が 沢山目に付くようになりました
   ポケットに入れても
    出し入れしてるときに 落ちるんでしょうね
120:Re: タイトルなし
 おはようございます。
 北海道のくまさんも牛乳瓶の時代だったのですね。私も牛乳瓶の時代です。よく、そのふたを机の上で滑らせて、相手よりも先の方に行くと勝ち、という遊びをしていました。
 最近、飴などを包装している袋が、山に落ちているのですね。捨てているわけではなく、気づかないうちに落ちているというのは、ストローの袋と同じですね。ポケットに入れておく以外の方法を考えなければならないですよね。
 コメントありがとうございます。今後とも、よろしくお願いします。

121:
息子のところはどうしてるのか訊いてみました。
各自が捨てに行くと。
そうですよね(笑)
でも掃除の時に落ちてたりはないそうです。
2年生、ちゃんと捨ててるだけでも立派かも。
公園のゴミがね…近隣の家に飛んでいってるゴミもあります。
そういったことから苦情とか、保育園設立反対などの声が上がるように思います。
小さなことからきちんと始末すること。
教えられてばかりの大人じゃなく、教えられるように…。
122:Re: タイトルなし
 おはようございます。
 目の前の状況を工夫して解決するというところでは、えらいなと思ったのですが、そのことがあったときも、記事を書いているときも、「でも、1人ひとり、全員が、落とさずに、自分のごみを自分で捨てることが大事だよな。」と思っていました。
 各自が捨てに行って、掃除のときに、落ちていないという状況になるようにしたいものです。今の学級(1年生)でも、「自分のごみは、自分で捨てる」ことを教えているのですが、やはり、掃除のときには、2つ3つ落ちていることがあります。まだまだ、指導不足だなと思います。「教えられてばかりの大人じゃなく、教えられるように…。」の言葉、その通りだと思います。コメントありがとうございます。
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かがやき

Author:かがやき
 北海道の小学校教諭です。また、日本メンタルヘルス協会で心理学を学び、基礎心理カウンセラーの資格を頂きました。特別な出来事ではない、日常の学校生活の出来事や感じたことなどをお伝えしていきます。その中で、子育ての参考になることが少しでもあれば幸いです。

カテゴリ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター