2011年9月のひとりごと

  おみこしやかさおどりを見ていて、今月も地域の教育力について感じることがありましたので、そのことについて、また、書きたいと思います。
 自分のうちの子どもが保育所や学校に通う前は、よそのうちの子どもと話をする機会は、あまり多くはないと思うのですが、子どもが保育所や学校に通うようになり、子どもの世界が広がるにつれて、親が子どもの友だちと接する機会も増えてくるのではないかと思います。
 おみこしやかさおどりを見ていると、大人の人たちが、我が子だけでなく、ほかの子どもたちにも声をかけている場面をたくさん見かけました。
 ○○くんのお母さん、○○ちゃんのお父さん、という感じで、子どもたちから大人の人たちに話しかけている場面もたくさん見かけました。
 家庭や学校からだけではなく、地域の人たちにも見守られながら、子どもたちは育っているんだなぁと思いながら、お祭り会場から帰ってきました。

s_IMG_1970.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かがやき

Author:かがやき
 北海道の小学校教諭です。また、日本メンタルヘルス協会で心理学を学び、基礎心理カウンセラーの資格を頂きました。特別な出来事ではない、日常の学校生活の出来事や感じたことなどをお伝えしていきます。その中で、子育ての参考になることが少しでもあれば幸いです。

カテゴリ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター