2012年2月のひとりごと

  「この鉛筆で字を書いていると、濃さもちょうどいいし、書きやすいし、いい感じなんだ。」
と言いながら、ノートに文字を書いている子がいました。
 それを聞いて、私が、
 「そういう日常の小さなことに幸せを感じることができる心があるって、大事なことなんだよ。」
という話をしました。
 更に、
 「オリンピックに出て、金メダルをとるとか、宝くじで5億円当たるとか、そういう大きな成功もすごいけれど、そういうことにしか幸せを感じることができない心だと、いつもイライラしてしまったり、がっかりしてしまったりすると思うんだ。けれども、日常の小さなことにも幸せを感じることができると、元気に暮らしていけるよ。」
というような話をしました。

 次の日に、教室で弁当(この日は吹雪のため、スキー教室が延期になり、給食ではなく、持ってきた弁当を教室で食べていました。)を食べていると、チーズを食べている子がいました。そして、鉛筆の話をしていた子に、
 「先生、チーズ、好き?」
と訊かれました。
 「好きだよ。そういえば、昨日の夜、チーズをつまみに、ビールを飲んだよ。」
と答えると、
 「先生、幸せだったでしょ。」
と返されました。
 前の日の話を、ちゃんと覚えていてくれたんだなと思いました。

IMG_0394.jpg
1:おはようございます^^
日常の小さなことに幸せを感じることができる心って
大切ですよね。

子どもさんがちゃんと先生の言葉を
受け取ってくれているって
うれしいことですよね(^^)
2:Re: おはようございます^^
> 日常の小さなことに幸せを感じることができる心って
> 大切ですよね。
>
> 子どもさんがちゃんと先生の言葉を
> 受け取ってくれているって
> うれしいことですよね(^^)

こんばんは。
コメントありがとうございます。
幸せは遥か遠いところにあるものではなくて、身近なところにあるもので、それを感じながら、日々暮らしていけることは大切なことだなと思っています。大きな目標に向かうことだけでなく、そんな心も大事なことだと子どもたちに伝えていきたいと思っています。
共感してくださり、とってもうれしいです。ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かがやき

Author:かがやき
 北海道の小学校教諭です。また、日本メンタルヘルス協会で心理学を学び、基礎心理カウンセラーの資格を頂きました。特別な出来事ではない、日常の学校生活の出来事や感じたことなどをお伝えしていきます。その中で、子育ての参考になることが少しでもあれば幸いです。

カテゴリ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター