FC2ブログ

2013年1月のひとりごと

  10年前にも4年生の担任をしていました。
 そのときの子どもたちの中で、「今年、成人式を迎えます。」と年賀状に書いてきてくれた子がいました。
 年賀状を読みながら、2つのことを思いました。
 1つは、今の4年生の子どもたちも、あと、10年で成人式を迎えるんだなぁということです。
 もう1つは、おとなになるって、どういうことかな、ということです。

 赤ちゃんは、おなかがすいたり、おむつがぬれたりすると、泣き叫びます。
 幼児も、使いたいおもちゃを取り合って、泣いていることがあります。
 お店で、買ってほしいものが手に入らないときなどに、手足をばたつかせて泣いている幼児を見かけることもあります。

 おとなになるって、自分の思い通りにならない現実に対して、じっと、耐えることができるようになることではないだろうか、そして、どうしたらいいか、その方法を考えることができるようになることではないだろうか、という話を聞いたことがあります。確かに、小学校で見ても、1年生と6年生を比べた場合、そこのところに、大きな違いがあるなと思います。
 また、おとなになるということは、「今の自分があるのは、たくさんの人たちの支えのおかげ」と気づくようになっていくことなのかなとも思います。

 今回、成人式を迎える人たちも、10年後に成人式を迎える人たちも、この先、いろいろなことにぶつかることでしょう。
 そのときに、耐えたり、方法を考えたり、感謝したりしながら、乗り越えることのできる人になっていってほしいなと思います。
 

IMG_1693_convert_20170110000133.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かがやき

Author:かがやき
 北海道の小学校教諭です。また、日本メンタルヘルス協会で心理学を学び、基礎心理カウンセラーの資格を頂きました。特別な出来事ではない、日常の学校生活の出来事や感じたことなどをお伝えしていきます。その中で、子育ての参考になることが少しでもあれば幸いです。

カテゴリ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター