2013年8月のひとりごと

  1学期の終業式の日、私の机の向かい側にもう1つ椅子を置いて、子どもたちを1人ずつ呼んで、
「1学期は、特に、わり算の勉強と図書委員会の仕事をがんばったね。」
などと話をしながら、「あゆみ」を渡していました。
 「あゆみ」を渡されて、席を立ったときに、子どもたちが、
「ありがとうございました。」
と言って、自分の席に戻っていきました。

「ありがとうの言葉をたくさん使っていると、また、ありがとうと言いたくなるようなことが起こる、反対に、いつも文句ばかり言っていると、また、文句を言いたくなるようなことが起こる。」
という言葉を聞いたことがあります。

 これまでの自分のことを振り返ってみても、確かにそういうところって、あるかもしれないなぁと思います。

「ありがとう」の言葉を言える子どもたちでよかったなと思います。

IMG_4820_convert_20170328224931.jpg
29:
おはようございます。
「あゆみ」とは、「通知表」のことでしょうか?
もしそうならば、受け取って「ありがとうございます」という児童たち、素晴らしすぎです!そしてなんて可愛いらしい!
先生の係わり合いかたもあるでしょうし、子どもたちの元々もっている素質がそのまま素直に開花しているともいえます。人間関係ができているからこそ、だと思いました。そうじゃなければ「ありがとう」は出てこないでしょう、きっと。
またまた清々しいものを拝見することができました。
ありがとうございます!
30:Re: タイトルなし

 おはようございます。
「あゆみ」とは「通知表」のことです。
「あゆみ」を渡されて、「ありがとうございます」と言うことのできる本当に素直な子どもたちだなと思います。
 先日から、「4月からは、どうやって指導しようかな」と指導方法のことをいろいろ考えていたのですが、馬場さんの「人間関係ができているからこそ」というコメントを読んで、「そうそう、まずは、そこが指導の大前提ということを忘れないようにしなければ」ということを改めて、自分に言い聞かすことができました。
 いつも、温かいコメントをありがとうございます。
31:はじめまして!
とても良い記事に「ありがとうございます」ですよ❤

先生と子供たちの信頼関係が
自然に育っていたんですね。

誉められて嬉しくて、感謝

素直に「ありがとうございます」

大人になった私達は、いつも子供たちの信頼を受け止められる気持ちを
持っていなくては、
と思いました。

「ありがとさま🎵」

また来ます、ではでは~❤
32:Re: はじめまして!

 こんばんは。
 訪問してくださり、ありがとうございます。
 そして、「信頼関係が自然と育っていたんですね」の言葉、とてもうれしいです。
「子どもたちを変えよう」とするよりも、「信頼関係の中で、素直な気持ちで、いろいろな影響を受けて育っていってほしい」と思っています。
 元気の出るコメント、ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かがやき

Author:かがやき
 北海道の小学校教諭です。また、日本メンタルヘルス協会で心理学を学び、基礎心理カウンセラーの資格を頂きました。特別な出来事ではない、日常の学校生活の出来事や感じたことなどをお伝えしていきます。その中で、子育ての参考になることが少しでもあれば幸いです。

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター