2013年11月のひとりごと

 本校には、1年生から6年生まで、各学年2名ずつぐらいで構成するたて割り班というものがあります。
 毎日の掃除は、このたて割り班でおこなっています。
 また、全校給食、花壇の花の苗植え、水田での米作り、炊飯学習などの活動も、このたて割り班でおこなっています。
 
 子どもたちの様子を見ていると、掃除の始まりに、
 「今日は、○○がモップがけをやって。」
 「机拭きは○○がやって。」
と班長が指示を出しています。
 また、低学年の子が持っている水の入った重たそうなバケツを上の学年の子が、いっしょに持ってあげたり、手の届かない高い場所の黒板消しを手伝ってあげたりしています。
 ちょっとふざけて、掃除の手が止まっている子がいると、注意したりもしてます。
 炊飯学習のときには、イモの皮のむき方を教えたり、花壇での作業のときには、苗の植え方を教えたりもしています。

 また、掃除をしながら、
 「4年生は学芸会で何をやるの?」
 「(集会の)お祭りでは、今年も6年生はお化け屋敷を作るの?」
などと話をしていることもあります。

 掃除の場所は2週間ごとに場所が変わり、それぞれの場所に、担当の先生がいるので、いろいろな先生に接したり、いろいろな教室の掲示物を目にしたりもします。

 このように、異学年の集団の中で活動することを通して、自然と身に着く力があるのではないかと思います。
 たて割り班活動は、本校の教育活動の特長の1つではないかと思います。

IMG_0077_convert_20170428191852.jpg

 
39:
おはようございます。
素晴らしい仕組みだと思います。長男の学校でも行ってほしいですね。
私の働く保育園は縦割りなんですよ。大きい子が小さい子のお世話をする場面もよくあり、すごくしっかりします。小さい子は大きい子にかまってもらって嬉しそうですし。
いいですよね。異年齢でふれあうのは。今は一人っ子も多いので他者との距離感をつかめていない子が多いんじゃないかと感じてます。異年齢と交流することはそこらへんを学べると思ってます。
40:Re: タイトルなし

 おはようございます。
 コメント、ありがとうございます。
 馬場さんの働く保育園も縦割りなんですね。
 助けてもらったり、かまってもらったりする子どもたちは嬉しそうで、お世話をする子どもたちはしっかりしてくるということを私も強く感じます。
 たまぁに、お世話されるほうが、何かを言い返したり、それに対して、また、何かを言ったりする場面も見られますが、そうしながら、「他者との距離感」を学んでいくのですね。
 縦割り班、いい仕組みだなと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かがやき

Author:かがやき
 北海道の小学校教諭です。また、日本メンタルヘルス協会で心理学を学び、基礎心理カウンセラーの資格を頂きました。特別な出来事ではない、日常の学校生活の出来事や感じたことなどをお伝えしていきます。その中で、子育ての参考になることが少しでもあれば幸いです。

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター