2008年10月のひとりごと

  たくさんの人たちとともに、学校生活を送っているので、子どもたちは、時には、友だちと衝突し、笑顔が泣き顔になることもあります。
 去年の今頃、廊下を歩いていると、泣き叫んでいる1年生がいました。
 ある先生がその子に近寄って、話を聞き始めました。
 「だって、ぼくもそれをやりたかったのに、○○くんはやらしてくれなかったんだもん。」
とその子は、泣きながら訴えていました。
 その先生は、
 「△△くんもやりたかったのに、やらしてもらえなくて、くやしかったんだね。」
と言いました。
 すると、それまで泣き叫んでいたその子は、すうっと落ち着いていきました。
 その先生は、何かアドバイスをしたわけではなく、その子の言ったことをほぼオウム返しに返しただけです。
 その光景を見ていて、「まず、聞いてあげる」「まず、受けとめてあげる」ということが大切なんだなと改めて思いました。
IMG_2417_convert_20160103153134.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かがやき

Author:かがやき
 北海道の小学校教諭です。また、日本メンタルヘルス協会で心理学を学び、基礎心理カウンセラーの資格を頂きました。特別な出来事ではない、日常の学校生活の出来事や感じたことなどをお伝えしていきます。その中で、子育ての参考になることが少しでもあれば幸いです。

カテゴリ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター