2015年12月のひとりごと

 保健の授業で「心」について学習しました。
 心は大脳の働きである、
 心は年令とともに発達する、
 心の発達のためには、いろいろな人と接することが大切である、
 悩みは一人で抱え込まないで、誰かに相談するとよい、
などのことが、教科書に載っています。
 また、教科書には、「人のいいところを見るようにしよう。」ということも載っています。

 本当に仲のよい5年生たちですが、この「人のいいところを見るようにする」ということができているところも、仲のよい原因の1つなのかなと思います。

 人には、考え方のくせみたいなものがあって、「人の欠点やいやなところに気がいってしまいがちになるくせ」と「人のいいところに目を向けようとするくせ」があるように思います。

 5年生の子どもたちの様子を改めて思い返してみると、人の欠点よりも、いいところに目を向けようとする子どもたちだなと思います。
 一人ひとりの心の持ち方が、全体の仲のよさにつながっていると思います。

IMG_2910_convert_20180203204727.jpg
95:
おはようございます。やっとコメントする時間がとれました(汗)。
心の授業があるんですね!しかもカテゴリは「保健」ですか~。
心はどこにあるのか?いまもって分からないことの一つですよね。
人のいいところを見ようとするくせ、
人の悪いところを見ようとするくせ、

ありますね!そうか、心のくせ、なんですね。
くせなら直せますね。どちらを選ぶかは自分ですね。
「くせなんて直しにくい」という思い込みも、心のくせ。
「心のくせ」という言葉が心に残ります。
96:Re: タイトルなし

> くせなら直せますね。どちらを選ぶかは自分ですね。

 そうですよね。そこが大切ですよね。自分の考え方の傾向を変えるというか、心の持ち方を変えるというか…
 馬場さんのコメントを読んでいて、「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」という言葉を思い出しました。コメント、ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かがやき

Author:かがやき
 北海道の小学校教諭です。また、日本メンタルヘルス協会で心理学を学び、基礎心理カウンセラーの資格を頂きました。特別な出来事ではない、日常の学校生活の出来事や感じたことなどをお伝えしていきます。その中で、子育ての参考になることが少しでもあれば幸いです。

カテゴリ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター